ONEOKROCK LuxuryDisease Japan tour2023 in東京ドーム

『俺は間違ってなかったぞ!』

ONEOKROCK luxurydisease Japantour2023
4月4日東京ドーム
初めての2日続けての参戦。老化と余韻で完全容量オーバー。セトリ・ネタバレありです

なんか音が変。とうとう私の耳も老化したか😭って思った。くぐもって聞こえたり、音量が小さかったり。楽器隊とボーカルの音が塊で聞こえてこない。ドームの音響ってこんなものだったかなあ。
どの会場でも音響が抜群にいいという定評のあるワンオクが?
平川さん不在?
Takaさんもしきりにイヤモニをいじいじ。Toruさんもなんか冷や汗かいているような顔。
暗転して暗くなる時間が少しだけ長かった気がする。

後が長くなるので、いろいろショートカット
・「俺、この場所、嫌いなのよ」しょっぱなから言い放つTaka
・楽器隊の復讐 努努を弾きだすかと思いきや、ジャクソン5のI want you
・「俺、歌えね~から!」これリハでやるやつな
・完璧に仕上がってる努努
・「前座か!って、前座だよ」1人ノリツッコミTaka
・森ちゃんにMCを邪魔されるRyota
・本番中マイクチェックは「ア・ア・ア・ヒイ~~~」
・入りがずれるClockStrikes

その後もずっと音響は治らなかった。いったん中断になるかなと思ったけど、ならなかった。

それでもね
最後のWe areとWastedNight。
がっちり決めてきたのよ。Takaも思わずガッツポーズしてた。この機材トラブルを全部帳消しにするぐらい、すごかった。
この状態できっちりきめるところさすがだなと思った。

最後のMC
「今日この中にビクビクしてたり、家族に反対されてライブに来た人もきっといると思うんだよね。そりゃそうだよ。フェスで「コロナなんか関係ねえ」って言っちゃうんだから。でもなこの世の中に正解も間違いもないんだよ。
一番大事なのは「自分が何を信じるか」なんだよ。
怖くなったってことは、年をとったっていうことなんだよ。
でもな、まっすぐ生きて年を重ねたら何も怖くないから。
ロックンロールってそういうもんでしょ?
自分が信じた道をやり続けること
好きなことを本気でやることでしょ。
ロックバンドがそれをやらなくて誰がやるの?
叩かれてもいい
でもな、俺は間違っていなかったぞ!
この光景が必ず戻ってくると信じてた!
だからどうかみんなも恐れずに
前だけを向いて
自分を信じて生きていってください」

このコロナ渦で、Takaの周りから消えていなくなった人
たくさんなくなった人がいたと言っていた。
それでも、日本のライブ規制に対して疑問をなげかけた。
みんなに疑問を持ってほしかった。
その強さに、痺れた。

Takaの歌詞や発言は時々難解だ。
それってどういう意味?と考えさせることが多い。
自分の中に、納得して飲み込むまでに時間がかかる。
私はこの自分で考える時間が好きだ。
自分で考えてこういう真意だったのかなあって想像する時間が好きだ。そしていつかその答え合わせができる時がくる。ずっと後になって、その意味がわかること、他の対談やインスタライブで解釈がわかることがある。だから目が離せない。
全く想像と真逆だったときもある。でもこの「自分で考える」ことが大事なんじゃないかなあって思う。

4日の東京ドームは完全攻略できたとはいえなかった。
ワンオクは他のアーティストに比べたら
毎回完璧とはいいがたい。

でも、ひとたびファンになると
一生懸命戦う高校球児を応援するような気持ちになる。
負けることもあるし、勝つこともある。
今度はどんな試合になるだろう。そして次こそは!
と意気込んで、またライブに足を運ぶ。
時には高校球児がアメリカのメジャーリーグ相手に試合しにいくような
大きな挑戦に挑む。
心配でハラハラする。今日はうまくいったかな。
海外ライブまでチェックしてしまう。

こうしてワンオク沼にずぶずぶとぬめりこむのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました